HOME > ご葬儀プラン・祭壇のご案内 ~ご葬儀の流れ~

ご葬儀の流れHow to hold a funeral

ご臨終

まずは東阪社マイホールへご連絡下さい。

詳細をお伺いいたします。

昼夜問わず受付けております。

1.ご自宅に安置する場合

ご遺体をご自宅に迎えます

  • 寝台車でご遺体をご自宅にお送りした後、お布団にご安置します。 ※事前に白い敷布、枕カバー等のご準備をしておきましょう。
  • ご自宅にご遺体を安置出来ない場合、 東阪社マイホールにご安置することも可能です。 ※最近では葬儀式場に直接安置する場合が多くなっています。
    詳しくは当社までお問い合わせください。
  • ご遺体は、北枕または西枕でご安置します。
  • 寝具の上からは七条袈裟(東阪社マイホールがご用意)でおおっておきます。
  • 枕飾り一式(机・線香・ローソク・リン等)は東阪社マイホールがご用意します。

神棚封じ

  • 神棚の戸を閉め、白紙を貼ります。
  • 絵画や額などの装飾品も、白紙を貼るかはずしておきます。
    仏事用があれば変えていただきます。

表に忌中の掲示

  • 当社係員が持参いたします。
  • 近年では防犯上の観点から忌中紙を貼らない場合があります。

2.宗教者への連絡・枕経・日時などの打合せ

宗教者に連絡

  • まず一報を入れ、故人様名、安置場所を連絡し、枕経に来ていただくよう依頼します。 ※お願いする宗教者が無い場合は東阪社マイホールでご紹介させていただきます。

  • 通夜、葬儀、お骨上げ、初七日法要などの日程は枕経に来ていただいた時に打ち合わせるとよいでしょう。 ※火葬場等の都合にもよります。
  • 枕経での服装は地味なもので、念珠を準備しておきましょう。
  • 葬儀を務める宗教者の人数などを決めます。
  • 特に院号を望む場合、その事を依頼しておきましょう。
    (先祖の位牌が参考になります。)

お布施について

  • お布施の金額は宗教・宗派、寺院様によって異なります。
    直接お尋ねすれば金額を言ってくださる宗教者が多いようです。

火葬場の手続き(死亡届)

  • 役所への手続きは東阪社マイホールで代行させていただきますのでご安心ください。 ※役所に提出する死亡診断書は、ご家族様が病院よりいただいてください。

3.葬儀内容の決定

葬儀内容の決定

  • 故人様と最も近親の方が喪主を務めるのが一般的です。
  • 喪主は、葬儀の主催者です。
    遺族の代表として弔問を受けなければなりません。
    また、納骨・年忌法要なども責任を持って務める必要があります。

通夜・葬儀を行う場所を決定

  • 当社、葬儀式場マイホールは、近鉄奈良線「瓢箪山駅」より徒歩3分、
    商店街アーケードの中でご親戚様、ご会葬者のご参列にとても便利で安心な場所です。雨の日もご安心いただけます。※ご自宅、集会所、お寺など、ご希望に応じた式場での出張葬儀も承ります。

葬儀の内容、規模を決定

  • ご予算や弔問者・会葬者の人数などにより、プラン内容を
    決定します。※東阪社マイホールではご家族様のご希望に沿えるように様々なプランをご用意しております。
  • 当社係員と相談の上、祭壇プラン・供花の収受・粗供養品(参列者への返礼品)・通夜料理、精進落とし(仕上げ料理)などを決定する。
  • 葬儀委員長、葬儀役員、受付係などを決めます。(葬儀の規模によって異なります。)
  • ご葬儀に関するご要望を当社係員にご遠慮なくお伝えください。

遺影の原稿をご用意ください

  • 故人様が、鮮明に写った写真をご用意ください。
    (紋付・モーニング等に着せ替えもできます。)※最近では普段着での写真を飾る方が増えております。

4.関係者への連絡

通夜・葬儀の日時、場所が決定したら親類や友人に連絡

  • 特に親しかった人には直ちに知らせます。
  • 会社関係は、上司など中心となって連絡してもらえる人に依頼するとよいでしょう。
  • 各種団体にも連絡をしておきましょう。

近親者で葬儀をされる場合

  • 葬儀に参列していただきたい方々に連絡をしておきましょう。

5.納棺

故人様の愛用品を柩に入れます

  • 柩には、故人様が生前に愛用していた品物を一緒に入れます。
  • 火葬場により副葬品の規制をしている所があります。
    当社係員にご相談ください。 ※火葬の都合上、ガラス製や金属製、その他爆発のおそれがあるものを入れるのは避けてください。

湯灌(ゆかん)の儀

人はこの世に生を受けたとき産湯に浸かり、この世を去ったときには湯灌をして愛する故人様を敬います。
近年では医療の発展と共に、病院でお亡くなりになるケースが増えて、死後の処置をもって湯灌として簡素化されてきました。
湯灌の儀は、病院での処置とは意味合いが違い、自宅もしくは葬儀ホールにてご遺族様が立会い、故人様との最後の別れの時を湯灌の儀を通じて御清めし、残されたご遺族様に癒しを与え、故人様にごくろうさまでしたとありがとうの想いを伝える、大切な儀式(とき)なのです。
愛する人を送り出すために一番大切な気持ちを伝える儀式、「ありがとうの想いを伝える」、それが湯灌の儀式です。

6.通夜式

参集

  • 開式の時間前には身じたくを整えて式場にお集まりください。
  • 席順は、一般的には柩に近いところから、喪主、親族、親戚、友人の順です。

読経と焼香

  • 宗教者の読経中に焼香の案内をさせていただきます。
  • 喪主から順に焼香をします。
  • 読経終了後、引き続き宗教者から法話等がある場合があります。 ※宗旨、宗派や地域により、内容が異なる場合があります。

通夜・告別式の準備

  • 焼香順位の作成、弔電の整理を行いましょう。
    読み間違いのないように、ふりがなをお願いいたします。

通夜の意

本来通夜は故人の枕元で、親しい人々が故人の徳をしのび、思い出話等をし、夜を通して(徹夜)線香のお守りをしたものですが、最近では、お寺様の読経に合わせて焼香して帰る様な風習になっております。(半通夜)

通夜ぶるまい

  • 通夜式のあと、弔問に対するお礼と故人様の供養の意味をこめて、お食事やお酒を出してもてなすことを「通夜ぶるまい」といいます。お酒にはお清めの意味もあります。※通夜ぶるまいの風習は地域によって異なる場合もあります。
  • 精進落し(仕上げ料理)の数量確認を行いましょう。
  • 喪主は通夜ぶるまいが始まる前にお礼の挨拶をします。
  • 通夜ぶるまい閉会は時間を見計らって、お開きの挨拶をします。

7.葬儀・告別式

参集

  • 開式の時間前には身じたくを整えて式場にお集まりください。

写真撮影(オプション)

  • 開式の30分前に祭壇と親族の方の記録写真を撮影いたします。

式次第(例)

  • 参集 / 写真撮影(オプション)
  • 葬儀の流れの説明
  • 開式(寺院読経)
  • 弔辞・弔電の拝読
  • 遺族・親族の焼香
  • 会葬者焼香
  • 閉式
  • 会葬御礼の挨拶(当社で代行する場合もあります)
  • お別れ・出棺※葬儀の規模、宗旨、宗派や地域の習慣により、内容が異なる場合があります。

8.お別れ・出棺

最後のお別れをします

  • 喪主から参列者にお礼の挨拶を述べます。
    (当社で代行する場合もあります)
  • 供えられていた花を切って入れ、お別れをします。
  • お別れが済んだら、柩を近親者の手により霊柩車にお乗せします。

火葬場へ出発します

  • 地域の風習で出棺時にこの世との別れの儀式として、故人が愛用していた茶碗を割ります。
    (戻っても食事ができないことを意味しています)※但し、浄土真宗など宗派により茶碗割りは行いません。
  • 白木の位牌、遺影を持ち、所定の車(タクシー・マイクロバスなど)に分乗し、火葬場に向かいます。

9.火葬・精進落とし

火葬場で納めの式を行います

  • 火葬場の火炉の前に柩が安置されます。
  • 宗教者の読経が始まりましたら、焼香または最後の対面をします。※火葬場により作法が異なります。

精進落し(仕上げ料理)

  • 喪主がお礼の挨拶を述べ、故人様を偲んで精進落しを行います。
  • 遺族、親族と、葬儀に際して特にお世話になった方々を招きます。
  • 参列者にはお供物のお下がりを、お渡しします。※ 初七日法要に必要な品々もご要望に合わせてご用意させていただきます。
    ※ 法要料理などの手配もいたします。

やめよう飲酒運転

当社では、車を運転される方や未成年の方への、酒類の提供は行いません。

10.お骨上げと初七日法要

火葬が終わった後、お骨上げをします。

  • お骨上げは指定の時間に遅れないようにしてください。
  • お骨は、喪主が両手で抱え持つようにします。※お骨上げの作法は、火葬場や地域の風習により異なります。

分骨について

  • 遺骨の一部を別のお墓に埋葬する事を分骨といいます。
    あらかじめ分骨する事が決まっている場合はその旨を当社係員にお伝えください。※お骨箱や分骨証明書などのご準備が必要になります。

初七日法要

  • 初七日法要は、亡くなった日、もしくは亡くなった日の前日から数えて七日目に行いますが、最近では葬儀の日に行うことが多くなりました。

11.ご葬儀後

満中陰(49日)法要

  • 忌明け法要は亡くなった日もしくは亡くなった前日から数えて四十九日(もしくは三十五日)に営む習わしですが、最近では直前の休日におこなう場合が多くなっています。※宗教者の予定を尋ね、日時を決定しましょう。
  • 親戚関係、故人様の友人関係、特にお世話になった方々を招きます。
  • 忌明け法要までに黒塗りの本位牌を用意しておきましょう。※本位牌のご用意は当社へご連絡ください。
  • 白木の位牌は菩提寺にご相談してください。
  • 喪主とご遺族は略礼服を着るようにしましょう。
  • 法要会館へ持って来て頂くもの(遺影、本骨(分骨)、お位牌)
  • お布施はあらかじめご用意しておきましょう。

法要後の会食

  • 列席者の方々を料理やお酒などでもてなします。※喪主は、ここで挨拶をします。

ひょうたんやま法事会館「和合」についての詳細はこちらから

ご葬儀の事ならなんでもお問い合せ下さい。

資料請求はお済みでしょうか?

ひょうたんやま法事会館 和合

特典いっぱい マイホール会員

割引特典等多数!

会員制度についてもっと詳しく

提携店舗でもお得な特典をご利用いただけます!

マイホール会員提携店一覧を見る

葬儀の一般知識・マナー
  • お布施
  • スピーチ・挨拶
  • 服装
  • 葬儀の流れ
  • 香典

終活について

葬儀ローンご利用いただけます

クレジットカードご利用になれます

すくすくかんさい まいど子でもカード

サンチップ チップ加盟店

ページTOPへ戻る